メニュー下のイメージ画像


錠剤粉砕、散剤混和、カプセル破砕、軟膏混和等の画像・データは特定の条件における実績であり
対象物や環境により結果は異なります。
必ず充分な確認・監査の上、薬剤師の判断による運用をお願いします。

機能紹介 錠剤粉砕(2層粉砕)

Miksi画像
粉砕と篩過が同時に可能。
1回の粉砕で高い回収率をキープ。
スパーテル等でかき集めなくても、軽くたたくだけで受け容器内に回収されます。

  [回収率](素錠、径8mm/厚さ4.5mm)
粉砕率


2層錠剤粉砕手順
※ 2層錠剤粉砕は高い回収率で粉砕可能ですが多少の未回収は残ります。
  缶の内部に粉末の付着がある場合はスパーテル等で回収ください。 素錠付着
  未粉砕が多い場合には粉砕時間を長くするか、2回運転(10秒程度追加)をお薦めします。 素錠残り

機能紹介 錠剤粉砕(150ml缶粉砕)※オプション

Miksi画像
糖衣錠、素錠など(1200rpm 1分~1分30秒
専用容器内で錠剤を粉砕。容器は丸洗いできます。

Miksi画像

機能紹介 カプセル破砕 ※150ml缶セット(オプション)を使用

Miksi画像
ダメージを与えたカプセルを錠剤粉砕容器に入れて破砕。
カプセルの内容物を取り出す作業負担を大幅に低減できます。
粉砕と篩過が同時に可能

Miksi画像

機能紹介 散剤の混和 ※150ml缶セット(オプション)を使用(軟膏壺でも可能)

Miksi画像
   試料: アスベリンドライシロップ+乳糖(重量比1:1)
   回転数: 1200rpm
   混和時間: 15秒

粉砕した錠剤、散剤などをしっかり分散・混合
微量成分も均一に混合します。

Miksi画像

機能紹介 軟膏の混合 


予製 300ml容器(近畿化学 002攪拌容器) Miksi画像
     亜鉛華単軟膏145g+紫雲膏1.5g

   標準付属の300ml容器を使用して軟膏の予製が可能です。
   容器内に混合物を投入しmiksiにセットして回転させるだけで混合可能です。


軟膏壺による混合
Miksi画像
     ワセリン8.2g+紫雲膏0.4g (24ml軟膏壺)


   アダプタを使用して各社軟膏壺による少量混合が可能です。(※アダプタはオプション)
   「重量調整不要アダプタ」を採用しているため面倒なバランスダイヤル調整は不要です。
   軟膏壺は12ml~125mlまで対応アダプタがあります。
   具体的な対応メーカー、型式は御問合せください。

 
サイドメニューの見出し(MENU)
link

株式会社ビートセンシング
静岡県駿東郡清水町徳倉1072-1


Copy Right(C)2012 BeatSensing co.,ltd. All rights reserved.